家族構成から考える注文住宅の間取りの決め方

家族構成から間取りを考える一生に一度ともいえるくらい大きな買い物であるマイホーム、掛かる費用や将来の生活を考えるとどのような家を建てるべきなのか、正解がわからなくなり、頭を抱えている人も少なくないでしょう。特に、結婚したばかりの夫婦や小さな子供のいる家庭、親との同居を考えている場合は、今と将来の家族…

続きを読む家族構成から考える注文住宅の間取りの決め方

後悔はしたくない!賃貸部屋選びの大切なポイント!

エリアや最寄り駅で選ぶ住み心地の良い物件を選ぶ時には、エリアや最寄り駅からの距離なども大事なポイントになります。交通の利便性が良い駅や、知名度の高い繁華街や施設が多い人気のエリアは家賃が高くなる傾向があるのが一般的です。しかしながら、住んでみたいエリアだけとは言わず、1駅以上離れたところまで住むエリ…

続きを読む後悔はしたくない!賃貸部屋選びの大切なポイント!

ぬくもりを感じる“木の家”を建てる!工務店の選定のコツ

木の家を建てるなら工務店がおすすめ!家族にとって大切な場所となるマイホームづくりだからこそ、注文住宅をどの業者に依頼すればいいのかと悩む人も少なくないでしょう。注文住宅による家づくりで、「木の家」を重視したマイホームを建てたいときは、数ある業者のなかでも工務店を選ぶことを提案します。木の家は、自然の…

続きを読むぬくもりを感じる“木の家”を建てる!工務店の選定のコツ

収納上手になるための家の間取りのポイント

収納数にこだわらないこと家の間取りを考える場合に、収納スペースをどこにどれくらい確保するかについて思いを巡らせる方は多いのではないでしょうか。できる限り収納場所の数を増やそうと考えてしまいがちですが、実際には収納しやすい間取りにできるかどうかは、収納数ではなく使い勝手が重要なのです。いたずらに収納場…

続きを読む収納上手になるための家の間取りのポイント

後悔なんてしたくない!理想どおりの注文住宅を建てる方法

まずは注文住宅の種類を知ろう注文住宅は大きくわけて、フルオーダーとセミオーダーにわけられます。フルオーダーでは、「リビングに使う木材はこれがいい」「玄関ドアはこんな感じにしたい」「キッチンにパントリー収納を設置したい」など、家づくりのほぼすべてを自分の希望に合わせて発注できます。細かな仕様を的確に伝…

続きを読む後悔なんてしたくない!理想どおりの注文住宅を建てる方法

バストイレ別と一緒はどちらがいい?洗濯パンは必要?

バストイレ別はこだわった方がいいか賃貸物件を選ぶときの条件としてバストイレ別を挙げる人が多いようです。つまりはバストイレさらに洗面が一体化した物件があるため、初めて見たときはとても使えないと思うのでしょう。バストイレなどが一緒になった物件はワンルームの一人暮らし用で、一人で使うならバスとトイレが同じ…

続きを読むバストイレ別と一緒はどちらがいい?洗濯パンは必要?

設備を重要したい!必要な設備と不要と感じる設備とは

一人暮らしで必要とされる設備と不要と感じる設備賃貸物件選びでは、設置されている設備で選ぶ人も多いです。いろいろな設備が完備されていれば便利な生活が送れます。しかし、設備にも便利と感じるケースもあれば、こだわる必要はなかったと感じる設備もあるようです。多くの人が良かったと感じる設備が、トイレとお風呂が…

続きを読む設備を重要したい!必要な設備と不要と感じる設備とは

ちょっと待った!部屋を借りる前にチェックしておくべき3つのポイント

窓やベランダの方角をチェック賃貸を借りる場合、最初に窓やベランダがどの方角を向いているかチェックしましょう。北向きの場合、日照時間が短くなる為、洗濯物が乾きにくく、部屋に日が入らず薄暗かったり、冬は部屋が温まりにくかったりするので注意が必要です。また、西側に大きな窓がある場合、西日が部屋に入り込み、…

続きを読むちょっと待った!部屋を借りる前にチェックしておくべき3つのポイント

4月からの新生活はいつから賃貸を探すべき?引越し準備に必要な物のアドバイスも!

入学や就職を機会に賃貸を探すベストな時期入学や就職などで4月から新生活が始まるという人は多いでしょう。このような4月までには引越し先を決めておきたいという人は、12月から1月に賃貸を探すのがベストです。3月から4月は、一年を通して一番引越しする人が多い時期になります。優良物件は早めに契約済ということ…

続きを読む4月からの新生活はいつから賃貸を探すべき?引越し準備に必要な物のアドバイスも!

後悔しないために!キッチン作りのポイント

コンセントの位置や数はじっくりとコンセントの位置や数は非常に重要です。後付けしようとしても、費用がかさんでしまうため、設計の際にじっくりと検討しましょう。お勧めは、キッチンの作業スペースにコンセントを設置することです。この位置は設計の段階では気づきにくく、使い始めてから「ここにコンセントがあれば便利…

続きを読む後悔しないために!キッチン作りのポイント