後悔なんてしたくない!理想どおりの注文住宅を建てる方法

後悔なんてしたくない!理想どおりの注文住宅を建てる方法

まずは注文住宅の種類を知ろう

注文住宅は大きくわけて、フルオーダーとセミオーダーにわけられます。フルオーダーでは、「リビングに使う木材はこれがいい」「玄関ドアはこんな感じにしたい」「キッチンにパントリー収納を設置したい」など、家づくりのほぼすべてを自分の希望に合わせて発注できます。細かな仕様を的確に伝えられる建築知識が必要となりますし、施工費用も時間もかかるので、新居が完成するまでに時間・資金面で余裕のある人におすすめです。対して、大方の仕様がすでに決められているのがセミオーダーです。とはいえ、間取りや外壁の色を変更できたり、キッチン・バスルームの設備を選択できたりなど、比較的自由度は高いといえるでしょう。

こだわりたいポイントはどこ?

自由度が高い注文住宅は、こだわろうと思えばとことんこだわることができます。キッチン・床暖房・トイレといった家の設備はもちろん、外観や色といった見た目の仕様など、家づくりに関するすべてを自分好みに依頼することができるわけです。また、家そのものだけでなく、どこに家を建てるかという「土地探し」からスタートするケースも珍しくありません。なかには、理想の土地を見つけるだけで数ヶ月も経ってしまった、という人もいるようです。あまりにこだわりが強すぎると、家づくりがスムーズに進みませんよね。効率よく予算内で注文住宅を建てるためには、「お金と時間をかけてでもこの部分はこだわりたい」という重点ポイントを決めておくとよいでしょう。

名古屋の注文住宅は、計画の段階から携われるだけではなく、施工の過程を見守れます。完成までの様子を見守れることで、安心して暮らせるというのもポイントの1つです。