設備を重要したい!必要な設備と不要と感じる設備とは

設備を重要したい!必要な設備と不要と感じる設備とは

一人暮らしで必要とされる設備と不要と感じる設備

賃貸物件選びでは、設置されている設備で選ぶ人も多いです。いろいろな設備が完備されていれば便利な生活が送れます。しかし、設備にも便利と感じるケースもあれば、こだわる必要はなかったと感じる設備もあるようです。多くの人が良かったと感じる設備が、トイレとお風呂が別になっているセパレートタイプです。一緒になったタイプでは、床やトイレットペーパーが濡れている、湿気がすごいなどの理由から敬遠をする人が多くいます。

しかしセパレートタイプなら、トイレが濡れることもありませんし、知人が泊まりに来たときでも、お風呂を使っているときにトイレを使うことができます。不要と感じる人が多いのが、お風呂の追い炊き機能、ネットの使用料無料などがあります。一人暮らしでは、お風呂はシャワーで済ませる人が多く、追い炊き機能は不要と感じる人が多いです。ネット完備、使用料が無料は人気の設備の一つです。しかし、近年はモバイルWi-Fiを使う人は多いですし、速度が遅い、自分でプロバイダーを選びたいなどの理由から不要と感じる人は多いようです。

防犯性を高める設備とは

セキュリティの設備は、オートロックやモニター付きインターフォンがあります。オートロックは、エントランスから外に出るときには自動的に施錠され、外から入るときには鍵を使ったり暗証番号を入力するなどして入る設備です。住居人以外が入りにくいので、オートロックの物件は人気です。さらに、モニター付きインターフォンが完備なら、押し売りなどの対応もインターフォン越しにすることができます。防犯が気になるなら、オートロックとモニター付きインターフォンは欠かせない設備でしょう。

札幌中央区の賃貸住宅は一戸建てよりもアパートなどの集合住宅が多数を占めます。事務所や店舗など住宅以外の用途の建物が多く、限られた敷地で多くの世帯が生活できる集合住宅が便利とされたためです。