収納上手になるための家の間取りのポイント

収納上手になるための家の間取りのポイント

収納数にこだわらないこと

家の間取りを考える場合に、収納スペースをどこにどれくらい確保するかについて思いを巡らせる方は多いのではないでしょうか。できる限り収納場所の数を増やそうと考えてしまいがちですが、実際には収納しやすい間取りにできるかどうかは、収納数ではなく使い勝手が重要なのです。いたずらに収納場所を増やしても、無駄なスペースが増えてしまう結果になりかねませんので、必ずどのように使うかを考えてから収納を設けるようにしましょう。

例えば、クローゼットについて検討する場合、ハンガー掛けにして収納する衣類を多く持っている人と、たたんで収納する衣類が多い人とでは、必要になるクローゼットの数や広さが違ってくるはずです。自分がどういった収納がいるのかをしっかりと見極めて、それに合ったスペースを確保できれば、必ずしも収納場所の数が多くなくても暮らしやすい間取りにすることができるという点を頭に入れておきましょう。

収納スペースの広さの目安

では、収納スペースはどれくらいの広さを確保しておけば安心なのでしょうか。一般的には、建物の床面積の10パーセントから15パーセント程度の広さがあれば十分であると考えられています。ただし、これはあくまでも目安ですので、実際には自分が現在持っている荷物の量や、将来的にどれくらい荷物が増える可能性があるのかなどを考慮して間取りを考える必要があります。例えば、衣類であれば1人当たり1畳は必要であるとされていますので、4人家族であれば4畳分、いずれ子供があと2人欲しいと思っているのであれば6畳分は確保していた方が安心です。

一生に一度の買い物と言える注文住宅ですが、愛知の注文住宅を購入するなら、できるだけ多くのハウスメーカーの話を聞いた方が良いでしょう。そして、比較検討の上でハウスメーカーを決定します。