家族構成から考える注文住宅の間取りの決め方

家族構成から考える注文住宅の間取りの決め方

家族構成から間取りを考える

一生に一度ともいえるくらい大きな買い物であるマイホーム、掛かる費用や将来の生活を考えるとどのような家を建てるべきなのか、正解がわからなくなり、頭を抱えている人も少なくないでしょう。特に、結婚したばかりの夫婦や小さな子供のいる家庭、親との同居を考えている場合は、今と将来の家族構成によって選ぶべき間取りも変わってくるので、注文住宅を建てる際はより慎重に考える必要があります。

近い将来注文住宅を建てようと考えているのであれば、まずはその家に住む家族の人数がどのくらいになるのかをしっかりとイメージすることが大切です。子供の数や、同居する親の人数を具体的にイメージし、そこから子供部屋はいくつ必要なのか、親とは完全に同居するのか分離にするのかなどを考えていくのが間取りづくりの第一段階です。

家族構成からイメージすると様々なことが見えてくる

具体的な家族構成をしっかりとイメージできれば、将来建てるべきマイホームの大まかな間取りだけではなく細かな部分まで決められるようになります。例えば、家族が増えればその分生活に必要な物もたくさん必要になるため、ある程度の収納スペースを確保する必要があります。また二世帯住宅を考えている場合には、親の居住空間を完全に分離した家にするのか、共有スペースを作るのかなども考えていきます。

その他、動物好きの子供のためにペットを飼いやすい間取りを考えたり、庭いじりが好きな親のために広めに庭を作るといった計画を立てるのも良いでしょう。注文住宅の一番いいところは自由な設計ができることです。住む人が快適な生活を送れることを目標としてキチンと計画を立てることが、マイホームづくりを失敗しないコツです。

大阪の注文住宅のメリットの1つが、自分の好みに合わせた予算の使い方が選択できることです。例えば料理が好きな方なら、キッチンの設備にこだわって多めに予算を割き、別の部分に予算を割かずに調節もできます。