無理なく考えよう!?家造りの資金計画を立てる

無理なく考えよう!?家造りの資金計画を立てる

まずは自己資金の把握

家造りをするとなった際に、多くの人がどのような家に住みたいのかを真っ先に考えますが、それよりも先にすべきことがあります。それが資金計画を立てるということです。注文住宅はお金を掛けようと思えば、いくらでも掛けることができますが、予算をいくらでも割くことができる人は多くありません。資金計画を立てなければ、満足のいく家造りをすることができないでしょう。

資金計画を立てる際にまずすべきことが、自己資金がいくらあるのかを把握することです。多くの人が住宅ローンを活用しますが、ある程度まとまった自己資金がなければ、住宅ローンを計画的に返済することも難しくなります。将来の不安のための資金を残した場合に、いくら住宅資金に当てることができるのかを把握することが第一歩です。

希望する家の建築費用を把握

家造りをするのならば、ある程度の希望を反映した家を造りたいと思うことが通常です。希望する家を建てるためには、どれだけの建築費用が掛かるのかを次に把握しなければなりません。希望する家の建築費用が、自己資金や住宅ローンで賄うことができない場合には、グレードを落とす必要があります。どのような要望を削れば、予算と希望を両立させることができる家を建てることができるのかを考えるためにも、早めに建築費用を把握することが必要です。

建築費以外に掛かる費用も計算

家を建てる際に掛かる費用は、建物の建築費用だけではありません。家の外構部分の工事費用も掛かるほか、税金の支払いや手続きに掛かる費用を払う必要もあります。それらも含めて資金計画を立てることが必要です。

ローコスト住宅は、シンプルな素材や構造を随所に採用することでリーズナブルなコストを実現しているものが多数あります。