狭い土地なので建物は中高層にしたい?そんな注文住宅に最適な工法とは?

狭い土地なので建物は中高層にしたい?そんな注文住宅に最適な工法とは?

狭い土地だからこそ注文住宅という選択

家を新築したいけれど、土地が狭いのでなかなか一歩が踏み出せない、こんな方もいるのではないでしょうか。特に狭い土地がひしめき合う都心部では、このようなケースが珍しくありません。それならば注文住宅で家を建てることをおすすめします。設計の自由度が高いので、素材や構造さらに外観デザインや間取りまで、柔軟に対応することが可能です。もちろん狭い土地にふさわしい工法を選択すれば、自分たちの理想やニーズに見合った住まいを手に入れることができるでしょう。

狭い土地にふさわしい中高層住宅の工法とは

狭い土地を効率的に活用するのであれば、建物を垂直方向に伸ばして、床面積を増やすのが基本です。そんな家造りにふさわしい工法で知られるのが、重量鉄骨造。これはラーメン構造とも呼ばれ、建築では6ミリ以上の鉄骨を採用した上で、垂直方向の柱に対して水平に梁をかけていく、強固な構造を特徴とします。ちなみにラーメンとは、ドイツ語で枠組みや額縁を意味します。この工法であれば、間口の大きい中高層建築にしても、頑丈で安定した建物を実現することが可能になります。

重量鉄骨造のメリットとは

設計の自由度が高い点も、重量鉄骨造の見逃せないメリットと言えます。狭い土地で柔軟な設計ができるため、2世帯住宅にしたり、屋上を緑化にするなど、様々なニーズに応えることが可能です。また前述したように、重量鉄骨造は大きな間口を取ることも可能なので、スタジオのように広々とした空間を求める場合にも、この工法が最適と言えるでしょう。例えば1階を駐車スペースにして、2階のスタジオで音楽教室を経営、そして3階以上を生活空間にするといった、多彩なライフスタイルを実現することもできます。

横浜の注文住宅の材料の選定には、その土地で自生している木々を使用することで、環境に適した住宅を建築することができます。